villa_140923_bar

 

 

[email protected]
ドイツアートBar 座談会「記憶と記録」

 

|日時:2014年9月23日(火・祝)15:00~

 

|会場:ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川
京都市左京区吉田河原町19-3
>> http://www.goethe.de/villa-kamogawa

 

|料金:入場無料
(カフェミュラーでの飲食は各自ご負担ください)

 

 

[email protected]は、日本とドイツのクリエイターが、Barのようなくつろいだ雰囲気で、アートを語り合うイベントシ リーズ。鴨川のほとりのヴィラ鴨川では、ドイツの芸術家たちが滞在して様々な創作活動を行っています。9月中旬に来日するドイツの芸術家たちが、3ヶ月間 のレジデンス滞在の最初に、世界のアートシーンに精通するアートジャーナリスト小崎哲哉氏の司会のもと、京都を拠点に活躍する日本人クリエイターとともに 語り合います。

今回のテーマは、「記憶と記録」。古都・京都には、平安遷都以来、1200年を超える歴史の記憶が刻みこまれています。一 方で、その記憶は、言い伝え、古文書、絵画、写真、映像など、様々な記録によって支えられてもいます。建築、写真、映像、美術など、「記憶と記録」に関わ る仕事をしている日本とドイツのクリエイターたちが、それぞれの関心やこれまでの創作活動を紹介しつつ、未来へとつながるディスカッションを行います。 座談会の後は、館内のドイツカフェ「カフェ・ミュラー」にて、ドイツビールやおつまみを片手に、交流をお楽しみください。
(※日独同時通訳付)

 

 

|トーク:
アンドレアス・ハルトマン(映像作家)
イェルク・コープマン(写真家)
スヴェン・プファイファー(建築家)
仲西 祐介(照明家、KYOTOGRAPHIE代表)
小野 規(写真家)
小崎 哲哉(司会・構成)

 

|主催:ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川

 

詳細はコチラ